野中厚志展 Randam [ランダム]

野中厚志展のお知らせ

ATSUSHI NONAKA ART EXHIBITION SHOUZAN ‘YAMA KAMAKURA

Random  [ランダム]
飛べると思った。傍からイメージが溢れ落ちる。前にゆくのだが、前がいいとは思っていない。方々、落ち着きがなくその時の衝動が遊びに代わる。’等閑’というのか、宙空のイメージは前には行かず奔出する。

”4回目となる「野中厚志展」。新作を含む多くのコラージュ作品をご覧ください。”

2018. 6.5 tue – 6.10 sun Open 11:00 – 17:00

Gallery招山 “YAMA鎌倉市鎌倉山2-22-33TEL 0467-32-1712shouzan@mac.com
JR鎌倉駅東口から京浜急行バス6番「鎌倉山経由」旭が丘下車徒歩5分タクシーをご利用の場合は鎌倉駅西口より駐車場有
*作家在廊日:6月5日(火)、6月9日(土)、10日(日)

[ワークショップ]2018.6.9 sat 13:00-14:30”シルクスクリーンプリント”のトートバッグ作り。SPOLOGUMで使用している200柄の版の中から好きな柄を選んでいただきオリジナルバッグを作っていただけます。(定員)   10名(参加費) 3500円 <材料費込> (要予約) shouzan@mac.com*汚れてもいい服装でお越しください。

[コラボレーション]  2018.6.9sat〜 10sun 11:00-17:00”ランダム”パンの販売「PARADISE ALLEY BREAD & CO x 野中厚志」“人類皆菌類” 鎌倉のベーカリー、パラダイス・アレイ。今回のテーマ”ランダムに因んだパンを作ります。

[Yorocco Beer]2018.6.9 sat 11:00-17:00逗子のクラフトビール「ヨロッコビール」の販売。

Oriental Design Gallery [HIROSHIMA]

オリエンタルギャラリーでの展覧会のご案内です。
SPOLOGUM,SPOLOGUM STOLESの商品の他、野中厚志のコーラージュ作品も
展示致します。
この機会に是非足をお運び下さい。

「Our Inspirations for SPOLOGUM」

スポロガムを分解し、そのデザインをじっくり味わう

2018年1月18日(木)~1月31日(水)
10:30~19:30(最終日は17:00まで)
会期中無休

オリエンタルデザインギャラリー
〒730-0026
広島市中区田中町6-10 オリエンタルホテル広島内1F
TEL 082-240-9463(直)
http://www.oriental-hiroshima.com/

トークショウ
2018年1月18日(木) 18:30~19:30(参加無料・要予約)

オープニング・レセプション
2018年1月18日(木)19:30~20:00(参加無料)

トークショウのご案内

出演 野中厚志、森由江
日時 2018年1月18日(木) 18:30~19:30
場所 オリエンタルホテル広島3階「チャペル」
定員 80名(参加無料・要予約・先着順締切)

お問い合わせ・ご予約
オリエンタルデザインギャラリー
TEL 082-240-9463(直)
http://www.oriental-hiroshima.com/

●広島市現代美術館「交わるいと:オープンリサーチ・プロジェクト

—————————————————————————————————————–

スポロガムは野中厚志さんと森由江さん、男女ユニットによるテキスタイルとファッションのブランドです。野中さんはプリント、森さんは織りが得意というそれぞれ違うジャンルの組み合わせで、春夏・秋冬に新作を発表しています。スポロガムとの出会いは、岐阜県多治見市のギャルリ百草・安藤明子さんにご紹介いただいたのがきっかけでした。ハンカチにプリントでコラボレーションされているのを拝見し、なにより明子さんが熱心にお勧めされていました。そして、購入した織りストールの素晴らしいこと!いろんな方に褒められるし自信を持って、いいでしょー!と言える。どんどんスポロガムのことが気になり、昨年おふたりにお会いする機会を得ました。そうするとファッションとして野中さんのプリントのカッコいいことや、おふたりのモノ作りにおいてアート的感覚をお持ちでいることを知りました。益々ファンになったので、展覧会を開催させていただくことにしました。プリントと織り、それぞれのファッションピースの販売とともに、おふたりの創作インスピレーションも展開していただきます。ブランド名である“スポロガム”は70年代に江崎グリコから販売された、チューインガム食玩。男の子向けと女の子向けに分かれ、おもちゃが変わっていました。同じガムだけど男女別々にアプローチするというイメージをキーワードにしたもの。“スポロガム”であるためのインスピレーションを分解してSPOLPGUMのおもしろさ、カッコよさを堪能してください。

オリエンタルデザインギャラリー
森田 麻水美

Scroll to top